トンカットアリとは?

トンカトットアリ

トンカットアリは、マレーシア原産のニガキ科のハーブの一種のことで、インドシナ、スマトラ、ボルネオなどの東南アジアの熱帯雨林地帯に自生しています。
東南アジアでは、トンカットアリの持つ素晴らしい生命力・繁殖力から、古来よりその根を煎じて、体力増強精力増強として利用してきました。
近年では、韓国のある研究結果で朝鮮人参の5倍の効果があることが明らかになったり、マレーシアでは、栄養ドリンクとして販売されるなど、その秘められたパワーに注目が集まっています。
滋養強壮に高い効果のあるマカやクラチャイダムよりは全体的には劣ってしまうものの、利尿作用については上回る効果を持っているといわれています。

 ページTOPへ