トンカットアリQ&A

トンカットアリって何?
トンカットアリとは、昔から地元の人々に滋養強壮や薬として使用されてきた東南アジアの熱帯雨林のジャングルに自生しているニガキ科のハーブの一種のことです。
なんで今トンカットアリが話題なの?
これまでは限られた地域でのみ使用されていたのですが、近年の様々な研究などでその効果の素晴らしさが化学的に証明されたからです。
具体的にはどんな効果があるの?
精力増進,疲労回復,がんの予防,生活習慣病予防,血行促進,利尿作用,不妊治療など男性にも女性にも嬉しい効果があります。
副作用とかはないの?
トンカットアリは古くから薬として使用されてきたほどなので、副作用の心配は要りません。
また、これまでにそういった報告などはないといわれています。

詳しくはトンカットアリの副作用をご覧ください。
トンカットアリとマカとクラチャイダムの違いは?
健康食品の代名詞のマカですが、トンカットアリはそんなマカとも非常に似た性質をもっており、マカと同等あるいはそれ以上の効果を期待できるともいわれています。
トンカットアリもクラチャイダムも非常に似た性質を持っていますが、精力増進や疲労回復面においてクラチャイダムはトンカットアリを超えるといわれています。
詳しくは3大原料比較をご覧ください。
EDの改善には効果があるの?
トンカットアリには、性機能を改善させ精子数を増やすといわれているアルギニンという有効成分が含まれおり、EDの改善にも効果的だといわれています。
男性にしか効果がないの?
女性特有の問題である、不妊治療、血行不良からくる冷え性、むくみの原因となる水分保持の改善などにも効果があります。
女性への効果
どこで手に入れられるの?
日本ではサプリメントとして販売されており、ドラッグストアやインターネットでも簡単に手にいれることができます。
 ページTOPへ